信州長野の地酒「白馬錦」大吟醸、純米吟醸、純米酒、季節限定等の販売。|専務のブログ 新肝話休題





 皆さんお久しぶりです、B.J.コースケです。

さて、先日9月9日に白馬錦・秋の純米吟醸「ひやおろし」が発売されましたが、皆さんもうお試しになられたでしょうか?
この「白馬錦・ひやおろし」、個人的に去年まで牛肉とかペッパー効かせた料理と相性が良かったという印象ですが、今年は「最初の口の入りがなめらかで、旨味が乗ってる!」って感じのお酒に仕上がったんじゃないかという感じで、刺身の昆布締めとかに合いそうだなって気がしました。
長野県はあんまり昆布締め料理を食べるっていう文化は少ないように思うんですけど、割と直感的にそう感じた次第でして。



肝話休題。





 さて、この「白馬錦のひやおろし」なんですけども、こちらのお酒は皆様ご存じの通り、「アルプス湖洞貯蔵庫」にて熟成されています。
この「アルプス湖洞貯蔵庫」・・・正確には東京電力ホールディングス様による、七倉ダムのダムトンネル内で貯蔵を行っております。





このトンネル、実際にはダムの運営/管理に必要となるロープやライト、浮きなどが置かれている資材置き場と言った趣が強いのですが、奥に長く、一年を通じておよそ11度ぐらいに保たれる施設でして。
言わば、「コンプレッサーなど、電気設備を稼働させることなく、11度前後に温度が保たれている半天然の貯蔵庫」とでも申しましょうか。



しかし!!



今年のこの超絶猛暑!
いかに「11度ぐらいに安定的に温度が保たれます」と言ったところで、それは”例年通りであれば”の話。
本年の歴史的猛暑とあっては、11度を安定的にキープするなどとは思わないでおくべきでしょう。
そうはいっても、今年の4月の終わりには既にお酒を貯蔵しておりますし、暑くなったからといって、冷蔵設備をポンと設置するわけにもいかないワケです。
20度?25度?・・・一体どこまで貯蔵庫内の温度が高くなるのか、検討もつきません。


「今年のひやおろしは熟しすぎてしまうんじゃ・・・!?」


そんなコースケの心配をよそに先の8月21日、いよいよお酒を取り出す日が迫ってまいりました。



・・・ところで皆さん、4月のひやおろし貯蔵作業の際、トンネル内に「温度計データロガー」を設置したことは覚えておりますでしょうか?







この「温度計データロガー」、要するに「1日に何回か温度を計測して、データ化してくれる」という機器なんですね。
この機器のデータを取り出してみたところ、以下のようなグラフが導き出されました。







 何と、最も暑いところでも11~12度の温度が保たれています!!

外気温との差を見ますと、トンネルの安定性能はより明白です。


素晴らしい!!


「トンネル貯蔵庫はの温度は安定的だ」とは昔から幾度となく聞いておりましたが、まさかここまで安定的であったとは思いもよりませんでした。

そんな訳で、必要以上に熟することなく美味しく仕上がり、皆様のお手元へ無事出荷することが出来た、本年の「白馬錦・ひやおろし」なのです。



 まだまだ秋も始まったばかり!
これから収穫される美味しい秋の味覚の傍らに、白馬錦のひやおろしを置いて頂ければと思います。




 ファイヤ―――――――――
――――――――――――――
――――――――――――――
――――――――――――――
――――――――――――!!

(S〇X MACHINEGUNS の例のアレで。)



 暑い、暑い、アツすぎる!!(悪い意味で。)

なんなんだコレは!ド畜生!!



 我らが白馬錦のあります、ここ長野県の大町市は、多くの方から「比較的涼しい地域」と認識されているんじゃないかと思います。
実際、「夜は窓を開けて寝れば、クーラーはいらない」としばしば口にされるように、「避暑地」とまでは言わずとも、それなりに過ごしやすい地域と認知されておるワケです。


しかし、今年はどうだ!?


もはや「災害」と認定されるほどの灼熱国家/バーニングカントリーとなったこの国ジャパン。
他の40度をマークするエリアに比べればまだマシではありますが、そうは言ってもここ大町も全く影響がないというワケではありません。
建物から一歩外に出れば「バーナーで肌を炙られているんじゃないか?」と錯覚してしまうほどの日射は、言わずもがな体力をガリガリと削ります。
そのガリガリと削られた体力をガリガリ君を喰ってリカバーしたりもするんですが、それにも限界というものがある。
それなりにコースケも熱中症には気を付けていたつもりですが、時に頭痛がすることもしばしばで、この猛暑の凄まじさを日々、実感するところであります。





 夏の季節ですから酒屋としては勿論、「夏の生酒、美味しいですよー!」とアピールします。
白馬錦 生酒」のコストパフォーマンス抜群!焼肉はもとより、飲食店での導入実績の長さが意味する、万能性ある味わい。

そして、我々にはリーサルウエポン(?)たる「夏の純米吟醸生酒 雪中埋蔵」があります。

実際、お陰様で雪中埋蔵は長野県に訪れた多くの旅行客の方々にお買い上げ頂いておりますありがとうございます!!



・・・しかしですね。

酒屋がこう言うのもナンですが、こうも極端に暑いとなかなか「日本酒を呑もう!」という気にならないんじゃないカナ?カナ?とか思っちゃったりするワケです。
ひとまずビールかチューハイを呑まれる人も多いのではなかろうか、と。

と、ここで普通の酒屋でしたら、「この暑さがひと段落するまでは”待ち”かな?」と思いますが、そうは問屋と白馬錦が卸しません!!


そうです、白馬錦には「北安曇野の梅酒」があるのです!!





・・・何故、ここで梅酒をアピールするのか?

一般に、日本酒メーカーの作る梅酒は冷蔵庫で冷やしてからストレートで呑むのが美味しいように設計されているものが多いのではないかと思うのですが、白馬錦の梅酒は「炭酸水などで割るのが前提の酒質設計」になっております!





つまり、梅酒1:炭酸水1で割っても味がボヤけないんですね?
私が試したところ、梅酒1:炭酸水2までなら、ギリギリにボディ感が保てる仕様になっていると思います。

また昨今では「熱中症に注意して、よく水を飲んで下さい」とアナウンスされておりますが、水”だけ”飲めばヨイというものではなく、ある程度の糖分と塩分が含まれていないとなかなか水分が体内に吸収されていかないものです。

しかし、ちょっと浅漬けにした夏野菜と共に炭酸水割りした「白馬錦 北安曇野の梅酒」を呑めばアラ不思議、晩酌をしながら水分補給もできるワケです!!(多分)素晴らしい!!


つまりアレです。


まずは炭酸水割りした白馬錦の梅酒でこの猛暑を乗り切り、少し暑さも収まったところで白馬錦の生酒を口にしつつ、夏も終盤戦になったところでじっくりと雪中埋蔵を呑めば「2018年・夏の晩酌計画」も完璧!というワケです!!



 さぁ、この夏を乗り切るべく、まずは「北安曇野の梅酒」から呑みましょう!!ファイヤーーー!!!







 どうも皆さん、B.J.コースケです。
やー昨日今日と、いいお天気でしたね!お出かけには最高の日和でした。
お買い物にハイキングにピクニックにと、ちょっとだけ遠出された方も多かったんじゃないですかね?
私のレンズの暗いスマホでもバシバシいい色合いの写真が撮れました。

ただ、ナチュラルに気温が30度をマークしちゃったりすんのはどーかと思うな、ボカァ。



肝話休題。



 さて、6月といえばアレですよ、アレ!

白馬錦・夏の純米吟醸生酒「雪中埋蔵」の発売の時期ですよ!!

そんなこんなでどんなだ、蔵の方では出荷準備も整い、いよいよ週明けから出荷&発売がスタートします。



・・・んが。



しかし、先のナチュラルボーン30度よろしく、今年は年明けから乱気流な天候が続いていた部分もあったんですが、思わぬ形でちょっとしたトラブルに遭いましてね?





 これ、4月下旬の雪中埋蔵現場の写真なんスけどね、酒の上にかぶせた雪の真ん中にしっかりと水が溜まっていまして。
早い話が、

雨降り > 少し雪山の頂点がくぼむ > ナチュラル温度のアレで穴が大きくなる > 以下、繰り返し。

・・・って事だと思うんスよ。

「雪中の発売まで放置していたらエライことになるな。いやこりゃ、水を抜かないと!」
という事で、杜氏&営業&詰め口の人海戦術によるバケツリレーで水出し という涙無しに語れぬエピソード・ワンがありましてね?

”エピソード・ワン”ってことはツーもスリーもあるのかよ!?(笑)

まあ、そんなお話はさて置き、何とか無事、今年も雪中埋蔵が仕上がったのでございます。





 さてさて、それではいよいよ、本年の味がどうなったか、テイスティングしてみましょう。

※.今回は冷蔵庫で1日冷やした雪中埋蔵を即、ガラスの酒器に注いだ状態でテイスティングしています。味を見る時期や管理状況によっては味が変化する旨、予めご了承下さい。


お、今年は”食中酒”に仕上がっている!

 というのが、第一印象。
雪中埋蔵はまず、その甘味のある香りの立ち上りが特徴的なんですが、その辺りが割りと控え目。
で、トロリとした質感のある、滑らかな舌ざわりが特徴的なんですが、この辺も例年より穏やか。
そうした「例年の雪中埋蔵の質感」は幾ばくか抑えられた代わりに、少し辛口感/バランス上、甘さも抑え気味に感じられます。

つまり、本年の雪中埋蔵は「香りと滑らかさを感じつつも、食中酒としてイケる」味わいに仕上がっていると感じました。

ちなみに、「無濾過版」は通常版のコクと滑らかさをやや強くした印象ですが、基礎骨格の部分はブレていないといった印象でした。


 ですので、夏野菜の串焼きですとか、豚の冷しゃぶとかに良くマッチしそうな夏の冷酒として、本「雪中埋蔵」はピッタリなのではないかと思います。



 そんなこんなで、白馬錦・夏の純米吟醸生酒「雪中埋蔵」は6月6日(水)発売なのですッ!!








 毎度お世話様です、B.J.コースケです。

昨年初夏からスタートした、八方尾根観光開発さま企画による「日本酒造りプロジェクト」ですが、おかげさまでこのプロジェクトによって作られたお酒「白馬八方 黒菱」の1,000本は発売約一週間で完売となる、大変に好調なすべり出しで初年度を終えました。



 プロジェクト開始から早いもので丸一年が経ち、いよいよ二年目の田植えの時期となってまいりました。
そんなこんなで本日は白馬野平地区にて行われた「日本酒造りプロジェクト」の田植えに赴いてまいりましたので、イベントの模様をお伝えしたいと思います。





 天気はやや微妙な曇り空。
昨日までの大町界隈は天候が不安定で、地震やら強い風やら天気雨やら急に強い日差しやらと、全く読めない天気でしたが、ひとまず雨は免れることができました。
が、写真の見た目よりも風があり、また半ソデですと何とも肌寒い一日となりました。





 そんなこんなで、午前10時頃、八方尾根観光開発さまによる音頭でイベントが開始。




みなさんゾロゾロと田んぼへと歩いていきます。





田植え前。ここを苗で染めあげます。





今回植える苗「信交545号」、通称”山恵錦”。
まもなく認定品種になるとの事。





JAのスタッフによる簡単な田植えの説明後・・・





皆さん、そろりそろりと田んぼに足を踏み入れます。





それでは一斉に、田植えスタート!





昨年度よりも参加者が増えた関係上、なんだか田んぼも手狭なカンジ(笑)。





松浦杜氏ももちろん植えますよ~!




今年も親子で参加された方々。
昨年よりも上手くできるかな?





地元、白馬高校からも多くの生徒が田植えに参加。
最近では「国際観光科」なる、まさに観光土地ならではのスンゲエ学科も新設され、本日はまさに「体験型リゾートの実施研修」を行ったワケです。
こういう「活きたナマの授業」っていうのはいいもんですね。





・・・ううむ、絵になりますナ。





 そんなこんなで作業は二時間ほどで終了。
お疲れ様でした。




みらい(株)の方にそのスゴさを語って頂いた ■

 実は昨年から田んぼの片隅にポンと何気なく置かれていたこの装置。
データテクノロジー(株)さまによる「農業や屋外工事現場の”環境計測と監視”を安価で簡単に実現する”Sensu”」という通信ユニットなんですが、お話を聞いていると色々とスゴイもののようで。
「農場監視装置」と言えば、温度、湿度、雨量、風向、風速、照度、映像と、すぐにイメージが出来そうなものは当然のこと、それ以外にも紫外線、電気伝導度までも測定/ログ計測ができるとの事。





電源確保の関係上、見た目に大きく見えますが、センサー類以外のいわば本体は右上の白い箱”だけ”なんだそうで、現物は小さめのお弁当箱程度の大きさ。
ここからセンサー類を介して取得した情報を送信するのだそうです。

農場の中で取得した温度などをサーバーなどに送信する際、「実線」で送信する製品もあるらしく、「だったらWi-Fiでいいんじゃないですか?」と質問したところ、それではカバーできない大きな農場では限界が生じるのだそう。
しかし、グループ会社内で通信技術を扱っているところもあるのだそうで、Wi-Fiなどの技術だけではカバーしきれない広範囲な農場でもカバーできる「通信そのものをコントロールする技術を持っている」ってトコロが売りなんだそうです。ほほーぅ。

ユニットのお値段も「プロの現場で使われるものとしては」比較的安価だなと感じましたが、いやぁ、知らぬ間にIoT?次世代農業ってヤツ?が田んぼの傍らにあったんですねぇ(笑)。



 さて、田植えのあとのお楽しみはBBQなんですが・・・。





うおぉ、なんじゃこの数と大きさのお魚は!!





昨年のBBQでも出てきたビッグなお魚!今年も昨年同様にスンゴイです!!





さてさて、我らが白馬錦も「夏バージョンの(!)」黒菱と、先日発売されたばかりの「春純米」「新純米」「しぼりたて」をお出しさせて頂きました。

「黒菱 夏」は加水&火入れ処理が加わっておりますが、元々の「黒菱」の峻烈な風味を程よく残しつつも、飲みやすく仕上がった逸品に。

また、黒菱やしぼりたての対比として、その柔らかさが特徴的な春純米で、日本酒の味わいの違いをお楽しみ頂きました。





それでは・・・
カンパーイ!





一気に焼かれる美味しそうな白馬豚!!





単なるシイタケがこれだけ旨そうに見えるとは・・・ゴクリ!





労働の後のゴハンということもあり、皆さんガシガシと食べまくります!!





 そんなこんなで、何とか本日のイベントは無事終了!
今年はどんな味に仕上がるのでしょう?

ひとまず秋口の収穫が楽しみですね!!



 さて、本企画によるお酒「黒菱」ですが、こちらは企画品となりますので、白馬錦/(株)薄井商店ではお取り扱いをしておりません。
黒菱に関するお問い合わせは八方尾根観光協会様 (TEL:0261-85-2870)までお願いします。







 どうもミナサン、B.J.コースケです。
さてさて、天候不良に泣かされたゴールデンウィークでしたが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?

 GW中、コースケは一日ばかり自転車に乗りました。行き先は直江津。
「まあ久しぶりに海でも見て、帰りがけに寿司のひとつでも食べようじゃないか」と軽い気持ちで赴いた次第。
しかし、野尻湖から上越に向かう際、日本海に居座っていた台風の影響でしょうか、向かい風に悩まされることになり、せっかくの長距離下りストレートがうまく活かせず、妙に距離が伸びない感覚に悩まされました。
「直江津ってのは幻なのか?それとも誰かが作ったガセネタなのか!?」
そう思えずにはおれないほど、ペダルを漕げども漕げども、まるっきり海が見えてこない。

それでもようやく夕方5時には日本海を見ることができたのですが、時すでに遅し。
もう直江津 > 糸魚川 > 信濃大町行きの最終電車は迫っており、のんびりと寿司屋に入っている時間はナッシング・イズ・エブリパッソボゥ(意味不明)。
結局、遠路はるばる新潟にまで出て行って口にしたのはチョコレート菓子とペットボトルのお茶だけでした。


おしまい!(号泣)。


・・・まあそんな「ぐでぐでウィーク」、略して「GW」のことはさて置いて、本題に入りましょう。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■




「白馬錦の純米酒、どれですか?」


 白馬錦に訪れるお客様の中にはしばし、こういった質問をされる方がいらっしゃいます。
いわば「純米酒を下さい」という言葉には実質、ふたつの意味があると思います。

ひとつはオーガニック志向の、醸造アルコールが使われていないという意味での「純米」。
もうひとつは「精米歩合70~60%あたりで、値段は1,100円前後のお酒」を求めているという意味での「純米」。

前者はワイン愛好家の方が日本酒を求める際の意味なのかもしれませんが、後者はいわゆる「レギュラー酒を飲めばその蔵のレベルが分かる」的玄人志向な方々を連想させます。
そうした意味で、「醸造アルコールを使用していないお酒はコチラです」と純米吟醸酒などを案内することはできましたが、「1,100円あたりの価格帯の純米酒は現在のところありません」とお答えしてきた時間がこれまで随分と長い間続いてきました。

しかし、そんな時代はオサラバです!

そう、白馬錦から満を持して「白馬錦の純米酒」が新発売されます!

「新発売」というぐらいですから、酒質設計は言うまでもなく、ラベルも完全新規のものとなります。

この「新純米酒」の開発バナシは二年ほど前からありましたが、コンセプトやラベルデザインの選定にまで時間がかかりました。

コンセプトは「日常的に呑める価格帯の純米酒で、キレの良いもの」をひとつの軸としました。




■ 白馬錦 純米酒 ■
 アルコール度数:15% 日本酒度:+1
 酸度:1.8 アミノ酸度:1.6 精米歩合:60%
 1.8L:2,200円/720ml:1,100円/300ml:550円(各税別)


 そんなこんなで、「新純米酒」の概観。
実は20~30年前に使用された白馬錦のデザインを彷彿とさせるものになっていますが、シンプルでありながらも程よい高級感を感じることができ、所々に近代的なエッセンスがちりばめられている概観になっているかと思います。
さて、肝心の味わいですが、ひとまず冷酒状態でテイスティングしてみます。


・・・まずは結構な酸味を感じますし、味わいもしっかりとしています。
ですが、程よくカラリと、乾いた質感のあるキレが二杯目を誘います。
「味わいはしっかりしている」んですが、味わうほどに「フルボディではなく、ミドルで抑えられている」ことが分かってきます。
料理を持ち上げつつも、長い時間お酒だけでも楽しめるギリギリの絶妙なバランス感。
しかし根底にはしっかりと白馬錦らしいコシの強さが秘められています。


 もともと白馬錦の普通酒も地元では一種のオールラウンダー的な存在として愛飲されていますが、普通酒とはまた違ったニュアンスで、日常的に様々なシーンで楽しめる純米酒になっていると思います。



そんなこんなで、白馬錦のニューフェイス「純米酒」は平成30年5月10日より発売開始なのですッ!!


| 1 / 20 | 次へ≫

プロフィール

メインライター:B.J.コースケ
ちなみに、「B.J.」とは、”ブログ・ジョッキー”の略で、”ディスク・ジョッキー”の「DJ」にちなんだ造語です。念為。

カレンダー

2018 10月
  1  2  3  4  5  6 
 7  8  9  10  11  12  13 
 14  15  16  17  18  19  20 
 21  22  23  24  25  26  27 
 28  29  30  31    
9月  |  Today  |  11月

検索

 

コメント

5,250円以上お買い上げで送料無料
お支払いについて:銀行振り込み・郵便振替の場合ご入金確認後の発送になります。

ご注文について

ホームページからのご注文は「ご利用案内」をご覧ください。

0261-22-0007

平日/午前8時~午後5時

ご注文前のお問い合わせもお気軽にどうぞ。

FAXによるご注文は
0261-23-2070へ
(24時間対応)

  • 専務のブログ
    専務のブログ
  • 白馬錦のFacebookページ
    白馬錦のFacebookページ
  • 白馬錦のつぶやき
    白馬錦のつぶやき