信州長野の地酒「白馬錦」大吟醸、純米吟醸、純米酒、季節限定等の販売。|専務のブログ 新肝話休題





 どうも皆さんお久しぶりです、B.J.コースケです。

いやー何だかあっという間に元号も平成から令和へと変わってしまったワケなんですが、「時代が変わった!」って気は全くしなくて、何と言いますか、この「肩透かし感」はアレです、二十歳になったら何かスゴイ変化があるんじゃないかと期待しつつも、二十歳の誕生日の当日朝はいつも通りの朝だった的ガッカリ感に近いものがあるワケです。

そんなこんなでどんなだ、約8ヶ月ぶりの(!)本ブログでございます。





 さて、そんなコースケの小さな不満をよそに先日、白馬は野平にて、八方尾根開発(株)様による企画、「日本酒造りプロジェクト2019 田植えツアー」が行われました。





 こちらは今年で三年目となるプロジェクトで、いわゆる「観光ツーリズム」の一つであり、酒米を田植え&稲刈りして、BBQを食べて、出来上がった日本酒を楽しもう!というものでありまして、まずは2019年度の田植えから行われた次第でござい。





 山の上にゆらりと雲がありましたが、程よい晴れ日和の中で田植えが行われました。





 機械による田植えではなく、人の手によるこの「ゆがみ」が、出来上がったお酒に「絶妙なゆらぎ感」を与えてくれることでしょう。





 田植えの後はお待ちかねのBBQ!
今年もJA様によるお肉や野菜を頂きます。
味付けらしい味付けはもう、塩コショウだけのようなものですが、素材の良さで旨さバツグン!





 見なれた本BBQに供されるお魚ですが、いつ見ても大きい!&ゴージャス!!
例年以上にお魚も多く出され、多くの方が舌鼓を打ったことでしょう。





 IoT?による、いわば「農場の見回り」もスマホから見れますので、スクスクと育つ酒米の成長をいつでも確認できます。





 さて、この田植えプロジェクトで使われている酒米は「信交酒545号」、通称「山恵錦(さんけいにしき)」ですが、いよいよこの「山恵錦」に正式な酒米の品種認定が降りる(直前)ということで、5月20日に長野市のホテルにてお披露目会が行われました。
この時は長野県27の蔵元 or 酒造団体による試飲も行われましたが、長野県を代表する酒米品種としての期待を一身に背負ったこの「山恵錦」、おかげ様で味の評価も上々といったカンジです。





 この山恵錦を用いて、白馬錦が醸造したお酒「白馬八方 黒菱」は醸造委託品ということもあり、白馬錦では直接の販売を行っておりませんので、お買いお求めの方は、八方尾根開発(株)様までお問い合わせをお願いします。



 さて、5月も終わりに近づいてまいりましたので、白馬錦ではそろそろ、「夏の生酒の用意」が始まるらしいデスヨー?



プロフィール

メインライター:B.J.コースケ
ちなみに、「B.J.」とは、”ブログ・ジョッキー”の略で、”ディスク・ジョッキー”の「DJ」にちなんだ造語です。念為。

カレンダー

2019 5月
    1  2  3  4 
 5  6  7  8  9  10  11 
 12  13  14  15  16  17  18 
 19  20  21  22  23  24  25 
 26  27  28  29  30  31  
4月  |  Today  |  6月

検索

 

コメント

5,250円以上お買い上げで送料無料
お支払いについて:銀行振り込み・郵便振替の場合ご入金確認後の発送になります。

ご注文について

ホームページからのご注文は「ご利用案内」をご覧ください。

0261-22-0007

平日/午前8時~午後5時

ご注文前のお問い合わせもお気軽にどうぞ。

FAXによるご注文は
0261-23-2070へ
(24時間対応)

  • 専務のブログ
    専務のブログ
  • 白馬錦のFacebookページ
    白馬錦のFacebookページ
  • 白馬錦のつぶやき
    白馬錦のつぶやき