信州長野の地酒「白馬錦」大吟醸、純米吟醸、純米酒、季節限定等の販売。|専務のブログ 新肝話休題





 来月中旬、長野県初となるアニメソング野外フェス「アニエラフェスタ2017 in 白馬岩岳」が白馬岩岳スキー場で開催される。
今回ご宴・・・もとい、ご縁があって、このイベントで白馬錦がお酒の販売をお手伝いさせて頂くということになった。
白馬錦はソコソコ色々なイベントにお伺いさせて頂いている蔵元だとは思うが、本件のようなイベントは実際問題はじめての参加となるであろう。
となると、色々と分からない/予想がつかないことだらけだし、「それならば今一度、現場を確認しておこうじゃないか!」というのが、今回の主旨。

そんなこんなでレッツラG!と言うことで、白馬岩岳スキー場/ゴンドラ ノアに乗り込み、山の上へ。





 アニエラフェス当日会場となる、「ゆり園&マウンテンビュー」エリア/スカイアーク前はどういう訳か、人でごった返している。
実はスキー場に来るまで全く知らなかったのだけど、本日はMTBのイベント「エンデューロ ナショナル シリーズ第三戦」と、キッズアウトドア体験会?だったようで、場内は大賑わい。
天気も晴れ基調で、時々雲がかったりと、まずまずの天候。




■ 写真が曇りがかっておりますので、脳内補完ヨロ。 ■

 スカイアークから後ろへ振り返ると、おなじみのマウンテンビューが。
両脇に山、あとは全てが空でできている、この圧倒的な絵は見た瞬間にパアァ!とした開放感を感じることだろう。
こうした開放的なフイールドで聞く自分の好きなジャンルの音楽はきっと感動もひとしおに違いない。





 というわけで、カフェテリアレストラン「スカイアーク」内にて、本シーズンから初登場?らしい?「ステーキ丼」を食す。
見た目どおりのボリューム感で、お腹一杯である。

・・・ちなみにイベント当日はここで白馬錦のお酒を販売する予定ですので、二十歳以上の方はお立ち寄り下さいネ。



 さて、アニエラフェスタでは、アニメソングのみならず、その他のアウトドアイベントも(事実上)付随している。その中に「MTB」があるが、本年、この白馬岩岳MTBは”相当なパワーアップをしている”らしい(中の人、談)。
わざわざ”単体で”MTBのパンフレットを用意したり、わざわざ専用のプロモーションビデオを製作したりと、フィールドを走らずともその気合は十分に伝わってくる。



まぁ、アレだ。

今日はたまたまMTBも持ってきていることだし?

晴れているし?

せっかくここまで来たんだし?


・・・と、いうワケで、MTBフィールドも走ってみる事にした。


ちなみに今回、走行可能なフィールドは全て試してみたが、その全てを記すとドえらいボリュームになるので、「初心者オススメ!?のコース」に的を絞ってお伝えしたい。




■ 写真中、白線の右手からコースに入っていくのに気がついたのは、夕方頃だったのは内緒だよ? ■

 まずは向かってスカイアーク左手脇にある、新設された「山頂周遊コース」からコースインする。





「山頂周遊コース」というと、何やらファミリー向けの安全な、ポタリング基調のコースかと思いきや、そんなにラクと言うでもなく。
緩やかなカーブに対し、やや落差のあるアップダウンが数多くつながれているコースレイアウトになっていて、一般的な?ダウンヒルコースから「エグいカーブ」や「デコボコ」、「大きな岩や木の根っこ」をほとんど排除し、とても走りやすく、かつ、ミスしたときもリカバリーできる程度の広い道となっており、MTBダウンヒルの疾走感とほんのりとした恐怖感(笑)だけを味わうことができるコースとなっている。





この「山頂周遊コース」下りの最後で分岐があり、左に曲がると従来の「DHコース」へと(最終的に)接続となる。

左折後、しばらくすると視界が完全に開け、北アルプスの空と共にダウンヒルする事になるのだが、



控え目に言って、最高である!!





つづら折りになっている連続ヘアピンDHというレイアウトだが、時にカーブの角度を変えたり、細やかな切り返しを入れたりと、一本調子になることなく、素晴らしいDHを堪能することができる。
「何の為に白馬岩岳にMTBしに行くのか?」と言われたら、「この青空の下でDHするためだ」と言ってももはや過言ではない!(※.コースケの個人的な感想です。)
山林か岩肌が多いMTBのフィールドのヴィジュアルにあって、まさかこのような空と一体化したかのような風景があるとは予想だにせず、これは素直に感動した!





 その後も更に新設されたつづら折りになっている連続ヘアピンDHが続く。
バンク角も良く、道もキッチリと整備されているため、とても走りやすい。





 これが終わると一転、ガレ場基調の硬質なフィールドとなる。
今回のリニューアル以前からここのフィーリングは基本的に変わらず、大小織り交ぜた石がそこかしこにあり、スピードも出やすくコントロールが難しいエリアで、ちょっと気を抜くと即アウト!という、これまた何とも技量が問われる場面だ。
本日初回のDH中、この場所でオーバースピードになり、自転車が制御不能。
自転車のサドルでボディブローを食らいつつ、落車!と相成ってしまった。
以前に購入したトロイリーデザインのボディアーマーを着ていたので難を逃れたが、いずれにせよ、パッと見た目のわりに(初心者にとっては)難易度が高いエリアである。





 そのあと、ド一直線の下り坂、通称「トップガン」を下り、最後のつづら折りフィールドへ。
以前からこのつづら折りは本ダウンヒルフィールドにあって、「最後のお楽しみ」として、君臨していた(コースケ:談)。
「航空写真的に見れば」あまり代わり映えもない様に見えてしまうこのエリア、実は今回のリニューアルで相当のクオリティアップが図られている。
時に45度はあろうかというバンク角が幾つも設けられた、この美しい/整備されたつづら折りは、あまり深く考えることなく流れに乗せやすいので、自分のような初心者でも「俺、走れてる?ノレちゃってる!?」感がMAX!
ゲームで言うところの「俺TUEEEEEEE!!」を十分に堪能できるエリアへと変貌を遂げている。
時折、アクセント代わりに小さなジャンプも設けられており、速さと躍動感が一挙に楽しめるお得なエリアに仕上がっている。



■ どうにもまとまらない本日のまとめ ■

 ・スカイアークから眺めるマウンテンビューは最高!
 ・白馬錦のお酒は当日呑む分と、お土産分を買っちゃうとイイカンジだ!(多分。)
 ・夕方以降はきっと寒くなるから、薄い防寒具が一枚でもあるとゼンゼン違うと予想。
 ・MTB持っているなら、持ってきましょうよ!
  オススメの経路は山頂周遊 > 途中分岐を左 だよ!!

 ・頼む、晴れてくれ!!!



 どっとはらい。


コメント

コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

プロフィール

メインライター:B.J.コースケ
ちなみに、「B.J.」とは、”ブログ・ジョッキー”の略で、”ディスク・ジョッキー”の「DJ」にちなんだ造語です。念為。

カレンダー

2017 8月
   1  2  3  4  5 
 6  7  8  9  10  11  12 
 13  14  15  16  17  18  19 
 20  21  22  23  24  25  26 
 27  28  29  30  31   
7月  |  Today  |  9月

検索

 

コメント

5,250円以上お買い上げで送料無料
お支払いについて:銀行振り込み・郵便振替の場合ご入金確認後の発送になります。

ご注文について

ホームページからのご注文は「ご利用案内」をご覧ください。

0261-22-0007

平日/午前8時~午後5時

ご注文前のお問い合わせもお気軽にどうぞ。

FAXによるご注文は
0261-23-2070へ
(24時間対応)

  • 専務のブログ
    専務のブログ
  • 白馬錦のFacebookページ
    白馬錦のFacebookページ
  • 白馬錦のつぶやき
    白馬錦のつぶやき