信州長野の地酒「白馬錦」大吟醸、純米吟醸、純米酒、季節限定等の販売。|専務のブログ 新肝話休題



 どうも皆さんコニチワ、B.J.コースケです。

と、いうわけで、5月もハヤ半ばを過ぎ、いよいよ夏の時期が迫ってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
さてさて、5月も下旬と言えば、アレです。
よい子・・・もとい、よい呑んべぇの方なら分かっている「例のアレ」・・・そう、白馬錦・夏の純米吟醸生酒「雪中埋蔵」の時期なのですッ!

と、いうわけで、今年もこの「雪中埋蔵」を雪の中から取り出してまいりましたので、今回はその時の模様を振り返ってみたいと思います。





 当日は快晴。

と言うか、暑い。

先の土日あたりはニュースなどで「熱中症にご注意!」と報道されるほど日本列島が一気に夏日になりましたが、それがそのまま続く形となり、作業はまさに汗だく必至!といった状況下で行われることとなりました。
なので、今回は雪中埋蔵の掘出し作業で初となる?休憩用お茶菓子とは別に、氷水を用意!
更に更にプラスで、首の後ろに貼り付けてもらう為に冷却シートも用意ッ!!
熱中症対策にも万全を期し、いよいよお酒の取り出し作業へと入ります。





 現場では既に酒を覆っていた雪が除去されており、あとは雪の重みに耐えるための鉄フレームとコンパネを除去する状態まで作業が進んでおりました。
本年の春はとても寒く、毎年ならば「桜の季節がそろそろ・・・」と思われる時期でも時折雪が舞うなど、ちょっと異常気象とも言える状況でありましたが、その分残った雪は潤沢。
この時期にこれだけの雪があれば、まさに「雪中での貯蔵は完璧!」といえるでしょう。





例によってUFOキャッチャー的要領で、クレーン車でもって酒を貯蔵場所からトラックの荷台へと移し替えます。
これだけの雪がありますので、埋蔵場所そのものは「ひんやり~」と涼しいのですが、空からはガンガンと強い直射日光がスタッフを照りつけます。
「ヘヴン&ヘル」とはよく言ったものです。





 本年はスペシャルゲストとして、白馬錦の酒米を作って頂いている地元農家の方もこの雪中埋蔵掘出しに参加。
ふだん重い米袋を運んでいることに慣れているということもあって、お酒のケースをひょいひょいとトラックの荷台へと積み上げていきます。







 お昼ごろには作業が終了。
さっそく取り出したばかりの雪中埋蔵(無濾過生原酒の状態)をテイスティングしてみます。

白馬錦の雪中埋蔵は大まかな味わいとして、「果実をイメージさせる瑞々しく高い香りと、甘露とも言うべき艶となめらかさのある甘み」が特徴的なお酒です。

・・・が、今年は随分とニュアンスが変わったように思います。
香りや味の片鱗こそは雪中埋蔵のソレなんですが、今年の酒はパンチ力が違う!

酒を口につけた時の香りは例年よりも穏やかになり、その分、酸味がドカーン!とした味わい。
ここまでパワフルですと、豆腐料理やダシ汁の和え物などでは味がかき消されてしまう印象で、コースケ的にはローストビーフですとか、今ハヤリ?の熟成赤身肉のステーキ(ただしソースは軽いもので)がベストマッチ!ではないかと感じた次第です。

例によってこれは雪から取り出してきたばかりのお酒であり、発売時にはどのように味が変化するか分からないので、本当の味わいの判断は発売日までおあずけなのは毎年の事でございますので、あくまでファーストインプレッションの域で留めて頂ければコレ幸い。


 そんなこんなで、既にアチコチからご予約などのお問い合わせを多数頂いております、

白馬錦・夏の純米吟醸生酒「雪中埋蔵」は6月6日(火)に発売なのですっ!!




本年も皆様のご愛飲を、よろしくお願いします!


コメント

コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

プロフィール

メインライター:B.J.コースケ
ちなみに、「B.J.」とは、”ブログ・ジョッキー”の略で、”ディスク・ジョッキー”の「DJ」にちなんだ造語です。念為。

カレンダー

2017 5月
  1  2  3  4  5  6 
 7  8  9  10  11  12  13 
 14  15  16  17  18  19  20 
 21  22  23  24  25  26  27 
 28  29  30  31    
4月  |  Today  |  6月

検索

 

コメント

5,250円以上お買い上げで送料無料
お支払いについて:銀行振り込み・郵便振替の場合ご入金確認後の発送になります。

ご注文について

ホームページからのご注文は「ご利用案内」をご覧ください。

0261-22-0007

平日/午前8時~午後5時

ご注文前のお問い合わせもお気軽にどうぞ。

FAXによるご注文は
0261-23-2070へ
(24時間対応)

  • 専務のブログ
    専務のブログ
  • 白馬錦のFacebookページ
    白馬錦のFacebookページ
  • 白馬錦のつぶやき
    白馬錦のつぶやき