信州長野の地酒「白馬錦」大吟醸、純米吟醸、純米酒、季節限定等の販売。|専務のブログ 新肝話休題






 「もうすぐ春ですねぇ、
オッホッホッホッホー!
などと、まだ春になっていないのに頭の中は春丸出しな笑いをしておりましたらば、まさかの冬再来。
ついでに頭の中を疑われて疑惑到来。

「さすがにもう雪は降らんだろう。ストーブもそろそろしまっていいかな?」と思っていたところにこの仕打ちですから、思わず「これはどういうことですか、社長!?」と、何故か弊社の代表取締役にとばっちりが行ったり行かなかったりな昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか?B.J.コースケです。



肝話休題。



そんなこんなで、またちょいと春には早いですが、白馬錦では時代 もとい、季節を一歩先取りしまして、3月9日に春の季節酒「静の桜」が発売となります。

というわけで、例によっては今回のブログは人類最速でこのお酒をレビューしたいと思います。

例によって今回レビューするお酒は発売前の製品で、冷蔵庫でしっかりと冷蔵した後、しばらく室温で放置し、「軽く冷えている」程度の温度帯で飲んでみた感想ですので、呑むタイミングや環境によって味わいが変わることを予めご了承下さい。





 本年の「静の桜」、外観や基本的な内容に特に変化はありません。ラベルも去年と同じです。

立ち香はそんなに強くありませんが、含み香の強さはそれなり。
このあたりはまさに「春」らしい華やかなイメージ・・・なのですが、その裏側でまさに「桜の花びら」をイメージさせるかのように「遠くから見れば薄紅色で可愛らしいが、手にして近づけてみると、その薄さと儚さを彷彿とさせる危うさ」を連想させる印象があります。
グググと、ここ最近の白馬錦らしい、しっかりとした酸味が立ち上ってきた後で、カラリとしたキレを感じさせます。
酸味を途中で強制的に終了させると言うのでしょうか。
その反面、この酸味に舌が慣れてきますと、ワイン用語で言うところの「ビロードのような」というヤツでしょうか、息の長い、滑らかな舌ざわりを堪能することが出来ます。


 つまり「単なる、春を連想させる酒」ではなく、まさに「まだ雪の残る地域の春酒」と申しますか、「華々しい味わいのある一方で、どこか雪の冷たさを感じさせるお酒」に仕上がっていると感じました。

味はしっかりしておりますが、キレも良いので、比較的料理を選ばない食中酒ではないかと思います。
個人的には牛のバラ肉を出汁とみりんと醤油と酒で軽く炊いたものの上に、パッと七味を振った様な料理に良く合うんじゃないかナと思いました。





 そんなこんなで、白馬錦・春の吟醸生酒「静の桜」は、3月9日に発売なのですっ!



 春は新しい人生の開始の季節でもあります。
そんな門出にこのお酒を添えて頂ければ幸いです。


コメント

コメント追加
タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

プロフィール

メインライター:B.J.コースケ
ちなみに、「B.J.」とは、”ブログ・ジョッキー”の略で、”ディスク・ジョッキー”の「DJ」にちなんだ造語です。念為。

カレンダー

2017 3月
    1  2  3  4 
 5  6  7  8  9  10  11 
 12  13  14  15  16  17  18 
 19  20  21  22  23  24  25 
 26  27  28  29  30  31  
2月  |  Today  |  4月

検索

 

コメント

5,250円以上お買い上げで送料無料
お支払いについて:銀行振り込み・郵便振替の場合ご入金確認後の発送になります。

ご注文について

ホームページからのご注文は「ご利用案内」をご覧ください。

0261-22-0007

平日/午前8時~午後5時

ご注文前のお問い合わせもお気軽にどうぞ。

FAXによるご注文は
0261-23-2070へ
(24時間対応)

  • 専務のブログ
    専務のブログ
  • 白馬錦のFacebookページ
    白馬錦のFacebookページ
  • 白馬錦のつぶやき
    白馬錦のつぶやき